NEWSログ


2018年3月26日 週刊FLASH(光文社)

本日発売の写真週刊誌FLASH(光文社)4/10号に載ってしまいました。やってしまいました。
ついに、噂のあの女優との熱愛発覚か!?
・・・・・・というわけではございません。
表紙はビキニ姿の柏木由紀さん(AKB48)です。
もちろん、柏木由紀さんとの密会スクープでもありません。
どうか、ご心配なく(誰も心配なんてしてないか)。
連載企画に『われら中年転機をつかむ』というコーナーがあり、そこに私の紹介記事が1ページわたって掲載されています。
全国の書店やコンビニ、駅の売店などで販売されています。
よろしければお買い求めください。


2018年2月20日 『1年でトップ営業に駆け上がる54のリスト』(福山敦士) 

経営コンサルタントの福山敦士さんが新刊『1年でトップ営業に駆け上がる54のリスト』(大和書房)を発売されました。
執筆するにあたり、私の著書『至高の営業』に影響を受けたとのありがたい言葉をいただき、献本を送付くださったのでさっそく読んでみました。
掛け値無しに、ここ数年で読んだ営業系ビジネス書の中でナンバー1の素晴らしさでした。
営業という仕事の本質と取り組み方について、これほど実践的かつわかりやすく書かれた書籍を、私は他に知りません。
全12章が月別(4月~3月)になっていて、時系列で実践するべき項目が具体的に示されています。
営業職にかかわらず、すべての社会人に役立つ一冊だと思います。
これを読めば、人生を上手に生きるためのヒント(気づき)を必ずや得ることができるはずです。
福山さんとの出会いは、今から二年ほど前。
Facebookを通じて、突然連絡がきたことがはじまりです。
私の著書『至高の営業』の読者とのことで、読んだ感想をいただき、会いたいとのまっすぐな言葉に私も心を動かされて彼の会社の近くの喫茶店で話をしました。
初対面にもかかわらず、お互いにかつての仕事仲間のように仕事への熱い思いを語り合ったことを覚えています。
『1年でトップ営業に駆け上がる54のリスト』(大和書房)は、素晴らしい書籍です。
ぜひ、お読みください。



 

2017年9月3日 トークサロン『桶狭間から関ヶ原まで』

トークショーに出演しました。
テーマは映画『関ヶ原』に関連させ、『桶狭間から関ヶ原まで 信長・秀吉・家康』。
主催は私が所属する歴史時代作家クラブ、後援は公益社団法人日本文藝協会。
講師は直木賞作家の安部龍太郎先生をはじめ、岳真也先生、早見俊先生、そして私。
司会進行は井川香四郎先生です。

歴史時代作家クラブ 主催 /日本文藝家協会 後援
特別トーク・サロン 9月3日(日)午後4時~6時
『桶狭間から関ヶ原まで 信長・秀吉・家康 』
ゲスト 安部龍太郎・岳真也・杉山大二郎・早見俊
進 行  井川香四郎


◆ゲスト・プロフィール

安部龍太郎/『等伯』で第148回の直木三十五賞を受賞。前回、第5回の歴史時代作家クラブ賞実績功労賞を受賞。『信長燃ゆ』や『天下布武』が有名だが、秀吉や家康関連の著書も多い。

岳 真也/当クラブ代表。第一回歴史時代作家クラブ賞実績功労賞を受賞。『吉良の言い分』がベストセラーに。今年『家康―逃げて、堪えて、天下を盗る』が新装版となって発刊された。

杉山大二郎/従来はビジネス書の作家で、『ザ・マネジメント』などのベストセラーも出しているが、まもなく初の歴史小説で信長を取り上げる予定。ビジネス的な斬り込みを期待。

早見 俊/当クラブ副代表。今回、第6回の歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。文庫書き下ろしの人気シリーズが多数ある。戦国時代にも詳しく、最近では信長を描いた『うつけ世に立つ』が評判になった。

井川香四郎/第5回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。江戸の町を舞台とした文庫書き下ろしシリーズが中心だが、戦国時代にも造詣が深い。





2017年8月4日 重版出来

『至高の営業』(幻冬舎)の重版が決定しました。
発売から4年近くかかりましたが、第二刷(1500部)、累計で9500部となります。
買ってくださった皆様に心より御礼申し上げます。
引き続き、企業研修でのマニュアルとしての一括購入、ならびに書籍と関連したセミナーのご依頼をお待ちしております。
一括購入につきましては、すべて御名前とサインを入れさせていただいています。
よろしくお願いいたします。

至高の営業

2017年7月16日 トークショー&サイン会

静岡県沼津市のマルサン書店仲見世店さんにおいて、8名の作家が合同で行うイベントに私も参加します。
盛りだくさんの2時間で、面白いこと請け合いです。
お近くの方、ぜひご来場ください。お待ちしております。

■日時:2017年7月16日(日)14:00(開場13:30)
■会場:マルサン書店仲見世店(沼津市大手町5-3-13)
■参加:佐藤青南
    蒲原二郎    
    鈴木英治    
    早見俊
    谷津矢車
    秋山香乃
    神家正成
    杉山大二郎
■予約:なし(先着40名様)
■費用:無料
■イベント内容
 ・各先生の面白トーク
 ・甲冑トークを交えて、段ボール甲冑の紹介
 ・抜刀・納刀ミニミニ講座(秋山香乃)
 ・佐藤青南先生による作家人生ぶっちゃけトーク
 ・トークショー:沼津が舞台の大河ドラマを作るとしたら?
 ・小説家希望の人に各先生から一言アドバイス ・サイン会



2017年4月19日 『ザ・マネジメント』が企業経営者の皆さんに好評です

小林株式会社に(北海道北見市)におきまして、4月1日に代表取締役社長に就任された田中社長様より、私の著書『ザ・マネジメント』(幻冬舎)を50冊も注文いただきました。
社長就任に際し、地元の名士の方々とお会いする機会が多くなることから、大切な方にプレゼントとして『ザ・マネジメント』を配っていただけるとのことです。
感謝を込めて、全冊サインを入れて送らせていただきました。
小林株式会社は、リコーにおける老舗の販売代理店になります。
すでに『至高の営業』も『ザ・マネジメント』も、社員教育のテキストとして一括購入をくださっています。
リコージャパンを退職した私ですが、リコージャパンはもとより、全国のリコーの販売代理店の皆様と、いまだに温かい絆で結ばれています。
株式会社六甲商会(兵庫県神戸市)、株式会社三千和商工(東京都港区)、九州教具株式会社(長崎県大村市)なども、全社員分の私の著書を購入してくださいました。
ほかにも多くの販売代理店で、購入をいただいているようです。
本当に感謝です。
営業革新による仕事のやりがいの醸成に、少しでもお役に立てていれば嬉しいです。

2017年2月3日 リコージャパン主催にてセミナーを行いました

リコージャパン静岡支社主催にて、『最強の組織づくり〜プロセスマネジメントの実現』をテーマにセミナーをさせていただきました。
たくさんのお客様にご来場いただきまして、本当にありがとうございました。
2時間半にわたる長時間の講演にもかかわらず、皆さんが熱心に聴いてくださったことに、心より感謝いたします。
終演後に、「このようなセミナーは珍しい」との声をたくさんいただき、企画してくださったリコージャパンのスタッフ共々、ホッと胸を撫で下ろしております。
3月もリコージャパン静岡支社にて、営業系経営層や管理職を対象としたマネジメント研究会を予定しております。営業プロセスを見える化するための「営業マニュアルの作り方」がテーマです。
結果管理の営業から計画的マネジメントの強化へと、営業革新を進めるチャンスです。
ご興味のあられる静岡県のお客様がいらっしゃいましたら、ぜひともリコージャパン静岡支社に御相談ください。

2016年10月12日 歴史小説イノベーション【操觚の会】歴史講演会開催

ついに、我々が動きはじめる!!

私が所属している歴史小説のさらなる人気拡大をめざす小説家の集まり『歴史小説イノベーション 操觚の会』の第一回イベントが開催されます。
初回のテーマは『織田信長』。
新しい信長像について、講演やパネルディスカッションでお伝えします。
私は制作責任者ということで、講演はいたしませんが、そのかわりに人気有名作家が次々に登壇する夢の舞台を、責任をもってお届けします!

1、歴史講演/歴史時代作家 早見俊『うつけ世に立つ 岐阜信長譜』
2、パネルディスカッション『小説・ドラマにおける信長像の変遷』  
  (パネリスト/鈴木英治、誉田龍一、蒲原二郎、早見俊)
3、特別艶舞/馬場梨恵子(偉伝或〜IDEAL〜/剣舞)   
       ピエール小野(津軽三味線)

どなたでもご入場いただけます(当日券のみ。定員60名)。
歴史小説が大好きな方はもちろん、これから楽しんでみたいと思っている初心者のみなさんも大歓迎です。
ご来場いただきましたみなさん全員に、もれなく[操觚の会]所属作家のサイン入り著書のプレゼントがあります(作家・作品は選べません。あらかじめご了承ください)。
また、[操觚の会]所属作家の著書をお持ちいただければ、喜んでサインいたします。
ぜひ、ご来席をお待ちしております。
お申し込みは「操觚の会」のFacebookページからどぞ。
または メールでもお申し込みができます。

■操觚の会Facebookページ https://www.facebook.com/rekishi.jidainovel/
■操觚の会メールアドレス  soukonokai@gmail.com

日時 2016年10月12日(水) 19:00開演(18:30開場)
金額 2000円(サイン入り著書、1ドリンク付き)
場所 レキシズル(東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F)
交通  JR 御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩7分    
   千代田線 新御茶ノ水駅 B3出口より徒歩1分    
   都営新宿線 小川町駅 B3出口より徒歩1分    
   丸ノ内線 淡路町駅 B3出口より徒歩1分

《創立者一同》  
  秋山香乃 、蒲原二郎、杉山大二郎、鈴木英治、鳴神響一 、新美健 、早見俊、誉田龍一  (五十音順)

2016年9月28日 新潟商工会議所主催「経営者向けセミナー」

120周年を迎えた新潟商工会議所の商業部会において、『最強の組織創り~部下のやる気を最大化する、最強のチーム創り』をテーマに講演会をさせていただきました。
顧客に高い価値を提供できる“最強の組織創り”に向けた取り組みについて、豊富な事例を紹介しながら、分かりやすく解説させていただきました。
社員の世代間ギャップに悩まれている経営者が多いと事前にうかがっていましたが、ビジョン共有によるコミュニケーションの活性化について、たくさんの事例を交えながら話をしました。

◆日 時   平成28年9月28日(水) 13:30~15:30
◆会 場   新潟国際情報大学中央キャンパス 9階講堂     
      (新潟市中央区上大川前通7-1169)
◆テーマ 「最強の組織づくり~部下のやる気を最大化する、最強のチーム創り~」
◆講 師   杉山 大二郎
◆主 催   新潟商工会議所(商業部会)  
     
   ※新潟紹介動画 NGT48×新潟商工会議所   
    https://www.youtube.com/watch?v=bFDLzY0-lG4

2016年9月14日 新刊案内

あのとき、僕らの歌声は。


私が構成を担当させていただきました、AAA(エイベックス)のデビュー11周年記念ドキュメント小説『あのとき、僕らの歌声は。』(幻冬舎)が発売されました。
9月14日は、AAAのデビュー日です。
今まで語られることのなかった真実の言葉がここに綴られています。
別々のオーディションに合格して、何年もライバルとして競い合わされてきた寄せ集めのグループだった7人が、幾多の苦難を乗り越え、喜びを分かち合いながら、本物の仲間になっていった11年の軌跡。
11年前に代々木公園でストリートライブを始めたときは、わずか20人の足さえ止められなかった彼らが、2016年11月、ついに東京ドームと京セラドームに、四日間で20万人の観客を集めます。
熱いチームビルディングストーリーをぜひお読みください。


「これまでのAAAの活動で、もっとも記憶に残っている出来事はなんですか?」
メンバーへの個別インタビューを元に構成した、落涙必至のドキュメント小説、ここに完成!
今だからこそ伝えたい、大切な記憶がある――。
数多の挫折や痛みを乗り越えてきた7人の、希望と絆の物語。

Chapter1 ミカンセイ
「私たちは寄せ集めの、未完成のグループだけど、きっと思いは一緒だ」(宇野実彩子)
Chapter2 虹
「こいつらと一緒なら、あの虹の向こうにだって辿り着ける」(浦田直也)
Chapter3 アシタノヒカリ
「契約違反なのはわかってる。だけど、それでもやるって決めたんだ」(日高光啓)
Chapter4 逢いたい理由
「私の存在価値って何? 私はAAAにいるべきではないのかな」(伊藤千晃)
Chapter5 出逢いのチカラ
「ずっと悔しくて苦しかった。この曲が売れなかったら俺たちはもうダメだ」(西島隆弘)
Chapter6 ダイジナコト
「俺の人生だ。逃げ出したって、どこへも行くところなんてないんだ」(末吉秀太)
Chapter7 Love
「もう、無理です……歌えません。俺をボーカルから外してください」(與真司郎)

2016年4月7日 新刊案内

ザマネジメント

小説で学ぶ、究極のマネジメント改革!

「業績が悪いのは、営業マンのせいじゃない。すべてリーダーの責任なんだ!!」

大手IT機器メーカーの販売代理店で東京営業部部長を務め、エースとして会社を牽引している五十嵐卓也(40歳)。あるとき、社長に乞われ、業績が急激に悪化している従業員50人程度の中小企業に出向することになる。
ときに出向先の社員たちとぶつかりながらも、[ビジョンの共有][仕組みの構築][情報の活用][教育の強化]の4つの視点から一人ひとりの意識を変え、営業マネジメントを改革していく。
その甲斐あってかギリギリのところで倒産の危機を免れたかと感じ始めたころ、想像だにしなかった最大の危機が襲いかかる——。

伝説のトップマネジャーが、現場で培った生々しい経験から綴る、超実用的ビジネス・ストーリー。 今すぐ実行できる、具体的な革新のアイディア満載! 「部下のやる気を引き出す仕組みについて、みんなで考えてみよう」

●組織職とは、管理者(マネジャー)ではなく、牽引者(リーダー)であるべき
●役職に関係なく、異なる考えを排除する組織では、いかなる改革も成し得ない
●ビジョンという具現化された価値観を組織内で共有させていくことが、リーダーのもっとも重要な役割
●個々の経験やスキルには関係なく、誰がやっても同じ程度の成果が期待できる仕組みを作ることが、プロセス革新の基本的な考え方
●プロセスの見える化と付帯業務削減は、同時に実現していかなければならない
●プロセスよりも業績が優先される誤った意識の蔓延が、社員から前向きな意欲や健全な思考を奪う
●アドバイスは、結果でなく、活動の準備に対して行う。部下の失敗は、計画を共有できず、事前に手を打てなかった上司の責任
●古い体質を「伝統」という言葉に置き換えて放置してはいけない
●教育の機会は、組織として定期的に提供し、日常の仕事の中で、意識することなく実践されるべき
●評価制度は会社の意思であり、教育の仕組みでもある
●責任を与えるから思いが育つ。責任感は報奨や叱責を凌駕する ……ほか