2017年9月3日 トークサロン『桶狭間から関ヶ原まで』

トークショーに出演しました。
テーマは映画『関ヶ原』に関連させ、『桶狭間から関ヶ原まで 信長・秀吉・家康』。
主催は私が所属する歴史時代作家クラブ、後援は公益社団法人日本文藝協会。
講師は直木賞作家の安部龍太郎先生をはじめ、岳真也先生、早見俊先生、そして私。
司会進行は井川香四郎先生です。

歴史時代作家クラブ 主催 /日本文藝家協会 後援
特別トーク・サロン 9月3日(日)午後4時~6時
『桶狭間から関ヶ原まで 信長・秀吉・家康 』
ゲスト 安部龍太郎・岳真也・杉山大二郎・早見俊
進 行  井川香四郎


◆ゲスト・プロフィール

安部龍太郎/『等伯』で第148回の直木三十五賞を受賞。前回、第5回の歴史時代作家クラブ賞実績功労賞を受賞。『信長燃ゆ』や『天下布武』が有名だが、秀吉や家康関連の著書も多い。

岳 真也/当クラブ代表。第一回歴史時代作家クラブ賞実績功労賞を受賞。『吉良の言い分』がベストセラーに。今年『家康―逃げて、堪えて、天下を盗る』が新装版となって発刊された。

杉山大二郎/従来はビジネス書の作家で、『ザ・マネジメント』などのベストセラーも出しているが、まもなく初の歴史小説で信長を取り上げる予定。ビジネス的な斬り込みを期待。

早見 俊/当クラブ副代表。今回、第6回の歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。文庫書き下ろしの人気シリーズが多数ある。戦国時代にも詳しく、最近では信長を描いた『うつけ世に立つ』が評判になった。

井川香四郎/第5回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。江戸の町を舞台とした文庫書き下ろしシリーズが中心だが、戦国時代にも造詣が深い。

 

 

2017年09月03日